Posted in ユニフォーム

2018 FIFA ワールドカップロシアに向けてサッカーユニフォームブランド総合

4年に1回のワールドカップはいつもサッカーファンたちの期待です、あっという間に、2018年ロシアワールドカップの足どりが近づいてきた。昨年の予選では、イタリア、オランダ、チリ、アメリカなどの強い国に別れを告げた。しかし、多くのなじみの顔がFIFAワールドカップには縁がないためだからこそ、ロシアの未知感が満ちている。 2018ロシアワールドカップ予選試合がすべて終了しました。ロシアW杯出場32カ国が決定しました。ポット分けも確定しました。2018年ロシアW杯で各ブランドのユニフォームの割合は?どんなブランドのユニフォームが見えますか? ロシアW杯全32チームのユニフォームは各ブランドから提供いたします。サッカー用品の大手会社アディダスとナイキの割合が最多で、アディダスは12代表チームをサポーターし、ナイキは10代表チームをサポーターします。残りの10代表チームは8つのブランドからサポーターします。 明らかに、プーマは第三大手サッカーブランドとして、サッカーウルグアイ代表とスイス代表だけがワールドカップに進出します。ロシアW杯予選で、イタリア、オーストリア、チェコとアフリカの諸国がワールドカップ(W杯)出場を逃しました。前回のワールドカップの8代表チームがプーマから提供しましたから。 最後に、ロシアワールドカップに進出するベルー代表はumbroブランドからの ユニフォームを着用する予定です。もう一つブランドはHummelです。 デンマーク代表とともに2018年ロシアワールドカップに出場を決定しました。 アイスランド代表は昨年UEFA EUROと同じブランド「Errea」から提供したユニフォームを着用する予定です。セネガル代表のサポーターブランドはアラブ首長国連邦ブランド「Romai Sports」。 現在、アディダスは2018ロシアワールドカップに出場する各代表ユニフォームを発表しました。残ったブランドはまだ発表しません。2018ロシアW杯はどのチームをサポートでしょうか。どのユニフォームは購入する予定ですか。 手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。 もし見逃したくないなら、こちらの騎士サッカーをクリックして見てください!

Continue reading
Posted in ユニフォーム

2018ロシアワールドカップもうすぐ開催します!最新サッカーユニフォーム一覧!

あと一ヶ月ちょっとで、2018年6月14日にロシアワールドカップが盛んに開幕します!4年に一度のワールドカップは世界中のサッカーファンの期待です。 国際的な重要な試合のたびに、サッカーファンたちが自分だけに属するユニフォームを持っていたいです。 今日はFC東京2018ユニフォームを紹介しようと思います! 早速始めましょう! ▏FC Tokyo 2018 Umbro Home FC東京2018新ユニフォームコンセプトは『炎の騎士』 新シーズンに向け、清水エスパルスとガンバ大阪で実績を残した長谷川健太監督の就任を発表したFC東京。 2017シーズンは序盤戦こそ上位につけていたが夏場に入って失速し、9月には篠田善之監督が解任。安間貴義コーチが暫定監督としてチームを率い、石川直宏の引退シーズンは最終的に13位という結果に終わった。今オフの立て直しが注目されるチームの一つだろう。 U-18所属の久保建英、平川怜がプロ契約、J1デビューを果たしたことは数少ない明るいニュースとなっている。 そのFC東京が去年12月2日、2018シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 FC東京の新しいホーム(1st)ユニフォーム、そのデザインコンセプトは『炎の騎士』。冷静さと情熱<炎>を身にまとい戦う姿をコンセプトとしている。 選手たちを戦士に重ね、 クラブのスタイリッシュで 力強い様子を騎士が着る<甲冑> で表現したデザインだ。 サプライヤーは3年目のUmbro (デサント)。 騎士が身にまとう甲冑は 自身の力の象徴であり、 いかに目を引くかが重要視され、 輝きやデザイン性で派手さを 求められるものが多かった。 このような特徴から、 チームカラーの青赤をグラデーション で表現し、甲冑の“輝き”をイメージした グラフィックを新しく採用している。 青のパンツに、 赤を基調としたソックスという 組み合わせ。 ユニフォームスポンサーは、胸の「東京ガスライフバル」、背中上部の「三菱商事」、パンツの「東京ガス」の継続がひとまず決まっているようだ。 ▏FC Tokyo 2018 Umbro Away FC東京、2018新アウェイユニフォーム「甲冑の重なり」をイメージ FC東京は2018シーズン、前ガンバ大阪の長谷川健太監督が就任。 ディエゴ・オリヴェイラ(柏)や富樫敬真(横浜FM)、大森晃太郎(神戸)らを補強し、新たなシーズンに向けた準備を進めている。 1月13日には、クラブ創設20周年を迎える2018シーズンの新体制発表会を開催。これに合わせて新ユニフォームも発表されている。 ホームに続いて発表された、 東京の新しいアウェイ(2nd) ユニフォーム。 メインカラーは引き続きシルバー。 2018モデルは、 戦いから身を守るために、 いくつも頑丈に組み立てられた甲冑の “重なり”をイメージしている。 『騎士の忠誠心』 をモチーフにした、 左胸のエンブレム部分にかかる ようなグラフィックも特徴。 […]

Continue reading